検診そして。。。新しい自分の可能性を

先日は半年振りの、検診へ行ってきました。
七年前に脳内出血を起こして脳の血管に奇形が見つかり、ガンマナイフという放射線治療を受けました。
現在経過観察中なのですが、今回の検診では、今までより最も良い変化が画像にあらわれていました!
更に良い変化が現れると期待して、もうしばらく経過をみることになりました。

大病をしてから、誰にも自分の寿命など選べないのだから、日々感謝の気持ちを忘れず、悔いのないよう生きるしかないのだと思い、過ごしてきました。
そして、この夏、わたしの心を根底から揺さぶる大きな出来事がありました。
だから、
「自分自身を精一杯やる」
その言葉の真意を改めて身に染みて感じました。
限られた時間を、大切に思う人達と使わなければもったいない!と、強く思うようになりました。

歌えなかった日々が長かったわたしにとって、今、睡蓮で定期的にライブを演れることは、念願の日々であり、嬉しさと有り難さでいっぱいです。

11月のライブで初お披露目したスカボローフェアという曲は、わたしにとって新たな挑戦で、正直プレッシャーも大きかったのですが、とてもたくさんの知人から「すごくよかった」「KUMIちゃんに合ってる」という、お言葉をいただきました。
少々の声の不調があっても、パワーで押し切る歌というのは、なんとか歌えるものなのですが、スカボローフェアのように繊細な表現力を必要とする曲は、ごまかしが効かないので、心身の状態が覿面に現れるとつくづく感じます。

睡蓮によって、新しい自分の可能性と歌声が引き出されていくようで、とても嬉しく、もっともっと包容力のある歌を歌ってゆきたいと思います。
12月のライブで、新曲も追加したいな!

スカボローフェア

KUMI

北野オールディーズ、ライブでした。

初めてのお店でしたが、楽しくできました。
皆様、楽しんでいただけましたか?
睡蓮_2012_11_301.jpg
1年ぶりに再会した友達から、「しんさん、変わってなくてよかった。」と言ってもらい嬉しかった。交通事故後、ろくに歌え無かったのが、最近漸く、歌えだしたかな?と、感じて居たからです。

「睡蓮さんも、いよいよエンジンがかかってきましたな♪」と言ってもらえるようにもなりました。

夜を駆ける


セットリスト
1.グラマラススカイ
2.月のしずく
3.Scarbrogh Fair
4.一番綺麗な私を
5.夜を駆ける
6.木馬
プロフィール
2012年7月結成。シンの繊細かつ多彩な表現力に溢れたギター、透き通る久美の歌声を 武器に、ジャンルにとらわれない選曲で、カバー曲にオリジナル曲を交えながらお贈りします。

SIN&KUMI

Author:SIN&KUMI
ポップでロックなアコースティックデュオ KUMI : Vo&G / SIN : Vo&G

LIVE INFO
最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
SUIREN
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
最新トラックバック