スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹奏楽コンサートへ

尼崎市総合文化センター「アルカイックホール」。
KUMIの長男さんがスーザフォーンで出演すると言うので、行ってきた。
IMG_1739.jpg
(それにしても、この字・・・なんとかならんかったか?)

長男さんは、バンドスコアを書ける。ようするにアレンジャーである。
これが凄い。学生なのに、いろんな引き出しを持っている。
彼は、これを仕事にできると思う。KUMIの音楽的才能を見事に受け継いでいる。

彼のやる仕事は、コードを並べ、ドラムを打ち込み、このリフはこう・・・とかいうアレンジのレベルとは訳が違う。
そんなのなら、フォークギターを始めたばかりの奴でもできる。

オケやブラスバンドのアレンジは、各楽器の音域を理解していなければならない。
でないと、「あの~、この音、この楽器では出ないんですけど・・・」てな事になる。
また、アーティキュレーションの指定も問題になるし、各楽器から出る随伴騒音も頭に入れなくてはならない。
俺たち音大出のレベルなのである。いつも「音大の方が向いてたんじゃないの?」と言っている。

このコンサートは関西の学生有志でのものなのだけど、合宿までして練習してる。
その成果は十分だった。「よう、あんなフォーメーション組めたな!」というくらいの
マーチングでした。
ええもん見せてもらいました♪

SIN
スポンサーサイト

ジャクソンブラウンを知ってるかい。

SINは先日、美容院へ行って来ました。
目指す髪型は、俺のアイドル、ジャクソンブラウン!

image-20130228123901.png

image-20130228123909.png

ちょっとは、似てきたかな?
iphone/image-20130225062223.png

Stairway to Heaven(天国への階段)を知ってるかい。

言わずと知れた、Led Zeppelinの名曲。この曲が出たときは、ぶっ飛びました。
ギターキッズの誰もが、ダブルネックのギブソンに憧れた。
もちろん、俺には買えません。
でも、18歳の時のバンドで神戸学院大学の学園祭で演った。
使用ギターは、買ったばかりのフェンダー・ストラトキャスターだったたらーっ(汗)


この当時の学園祭の定番曲は、「天国への階段」、パープルの新曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」
Heepの「7月の朝」はヴォーカルがネックで出来るバンドは皆無に等しかった。あのハイトーンが出ないのよ。
完コピ主義やったんで、今でもギターソロはミストーンまで完璧に覚えていて弾けますあせあせ(飛び散る汗)
睡蓮のレパートリーは、毎日のように練習しとかな忘れるのになぁ。。。

メロトロンのフルートの音は、友達がオカリナで表現した。
だって、メロトロンなんて買えるわけないやん。当時の価格、1000万円以上やで!


あ・・・ゼップは「ブラック・ドッグ」もやったな。


SIN

ライブ、満員御礼!

ライブBAR、ページワンのライブは立ち見のお客さんが出るほどの盛況ぶりでした。

image-20130225062053.png

対バンの皆様、お疲れ様でした。懐かしい昭和歌謡を楽しませて頂きました。
また、多数ご来場の皆様、ありがとうございました。
お店のマスターに、また演ってよ!と温かい言葉を頂きました。感謝しています。

ステージのバックが素晴らしかったので、その前で記念撮影(^^)
image-20130225062223.png

とっても楽しい夜になりました。

打ち上げは、余韻を楽しみながら反省会でした。
iphone/image-20130225062537.png
セットリスト
グラマラススカイ
夜を駆ける
一番綺麗な私を
Scarbrogh Fair

暗い部屋
月のしずく
ババロア
木馬
オハイオ

URIAH HEEP -- ...Very´eavy Very´umble... -- 1970

Uriah Heepのデビューアルバム。
IMG_1638[1].JPG
正式メンバーのドラムが居ない状態で、よく出来たと思います。このアルバムは当時から聴いてるけど、未だに飽きません。
1曲目のGypsyのイントロから強烈です。
このハモンドの音を「正しいキーボード」と呼んでいます。やっぱ、この音でしょ!!

KUMIの前のバンドもドラムで苦労したらしいけど、人の言いなりになるドラムなんておらんわな。。。
バンドは、個性のぶつかり合いが素晴らしい音楽を産んで楽しいのですよ!曲のグルーブを掴んで、その人なりに解釈してどう叩くか!?これがバンドのドラムと言うもの。

Heepはギターのミックとキーボードのケンのぶつかり合いが、ビートルズではジョンとポールやしね。

ようやくHeepの見つけたドラムはナイジェル・オルスンやったけど、すぐにエルトン・ジョンに引き抜かれてしまう。で、サードアルバムまで、正式ドラマーの座は不安定なまま。。。

フルアルバム


SIN

YES

「YesSongs」このライブアルバムは、予約した。内容は強烈でした。
image-20130223083502.png
まさか、Yesサウンドがライブで再現できるものだとは考えて居なかったからです。

Steve Howe - Mood for a Day
この曲は、高校生の時にコピーしました。今でも、弾けるで。


このスケールのでかさ・・・好きです。

わたしは、どうやら・・・

スライド・ギターが好きなようです。
Uriah Heep「Tears in My Eyes」(瞳に光る涙)


外道「香り」


Jimi Hendrix Experience「House Burning Down」(焼け落ちた家)


The Allman Brothers Band「Statesboro Blues」


黒ハートKUMI黒ハート

ディッキー・ベッツを知ってるかい?

image-20130222043922.png

言わずと知れた、オールマン・ブラザーズバンドのギタリスト。

ブラザーズ&シスターズはサザンロックの名盤中の名盤。
image-20130222043859.png
先日、ライブを演ったお店の名前はここからとってて、店内にはこのアルバムが飾ってあります。
名曲「ジェシカ」と「サウスバウンド」は大学一年生の時に芸大の学園祭で演った。
彼のギターソロとスライドギターは今尚、俺のギターソロに大きな影響を与えています。

この芸大バンドのメンバーのうち二人は、現在、日本の音楽シーンを支えるミュージシャンになっています。

SIN

2月の課題曲

毎月課題曲なるものを自分で挙げて、覚えていまするんるん
SINがすでに仕込み済みで、睡蓮のレパートリーとして即戦力になる曲は、必然的に課題曲に上がりますが、今月の課題曲は、今、自分がすごく歌いたい!、と思う曲にしました。

ずっと前から知っていた曲で、いつか歌ってみたい、と思っていた曲ですが、聴きこむほどに、自分の中に染み渡り、ぐいぐい入ってくるのです。
今までなら、
「まだまだ自分には歌いこなせないかなあ・・・」
と、思っていたような、深い曲なのに、なんだか今の自分には、歌えそうな感じがするのです。
今、本当の意味で、その曲に出会えたような気がします。
2013年のうちに、どこかで歌えたら、いいな。

KUMI

バレンタインチョコ

image-20130220105209.png

image-20130220105222.png
さて、どれが本命でしょう。
iphone/image-20130220113946.png
iphone/image-20130220113958.png
iphone/image-20130220114009.png
この歳で貰えてることに感謝だね。

SIN

2月24日、大阪で急遽ライブをいたします♪

2月24日(日)、大阪谷町六丁目にあるライヴバー、ページワンさんにて、急遽ライブをすることとなりました。
2013年、大阪初ライヴとなります。
お近くの方、ぜひお越しくださいね!♪

7564453_1885968658_18large.jpg

睡蓮の出番は二番目、19時15分ぐらいからになります。
チャージ1000円(ドリンク付)
地下鉄「谷町六丁目」駅、三番出口すぐににあります。

ライヴバー ベージワン
大阪市中央区谷町6丁目2-25 伊藤谷町ビル地下1階
06-6765-6404

tizu.jpg

ストラトが帰ってきました!

モディファイ、完成しました。

30522620_1889815062_232large.jpg
ミニスイッチが2つ。1つを切り替えるとハムバッキングになります。

30522620_1889815057_50large.jpg
ペグは、フェンダー社のロックペグになりました。ストリング・ガイドはローラー式!

30522620_1889815055_190large.jpg
ブリッジも交換。見た目、フローディングじゃ無いようですが・・・フローティングなのだ。
スプリングも新しい。綺麗だな♪

ノイズレス、ピックアップです。試奏してみたら、低音が恐ろしく分厚く出せる。
さて、こいつの登場はいつになるのかな?

SIN

アルフォンス・ミュシャ展

堺市にある堺市立文化館の、アルフォンス・ミュシャ館で開催されている企画展「ミュシャを愛した日本人」に行ってきました。

IMG_8025.jpg

それほど人も多くなく、アール・ヌーヴォを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャの世界を、とてもゆったりとした時間の中で、堪能できました。

美術・音楽・・・芸術において、「好きだ」という理由を語ろうと思えば、もちろんいろいろありますが、一言で言うならば、感性としか言い様がないですよね。
好きなものは、好き!ってこと。

ミュシャは、ほんとに大好きです。
そして、アール・ヌーヴォがやはり全般的に好きなのです。
大病をしてから、思い出は心の中にあればいい、と、モノに対する所有欲がなくなり、パンフレットなどもよほどでないと購入しなくなったのですが、今回は作品集とクリアファイルを買ってしまいました!
何度も繰り返し、眺めたいと思いました。
購入したものを入れてくれた紙袋が、これまたとても素敵なデザインで!
もう大満足です♪

IMG_1280.jpg

今、傍らにあるだけで、なんだかとても幸せな気分です。

あっ!画像の右の端の方にうつっているのが、塗り絵なのです~
家でゆっくり塗ろう!と持って帰ってきたのですが、めっちゃ楽しみ~♪

KUMI

ここまで来た。Stratoモディファイ。。。

世間は、ロシアに落下した隕石の話題でもちきりですが。。。


もう少しで完成します。
strato_2013_2_15.jpg
完成が、楽しみなのです。
アーミングしても、狂わない仕様なのだ!

塗装こんな剥げとったかな・・・。

SIN

戦闘服

ライブの衣装をこう呼んでいます。

「ライブに参戦する」って言いますよね。

音楽に対する姿勢と意気込みから、この言葉を使っています。
Pink Floydみたいなモンスターバンドは別として、お客さんに失礼のない程度の衣装。

なんでジーパン、Tシャツやねん・・・。でも、照明、仕掛けとか、、ショーの内容は恐ろしい。

で、俺は俺の意気込みを感じてもらえる服装を心がけています。
てか、クラシックでもドレスアップするでしょ?

今は亡き、Nash山畑と。
sin1.jpg

TSN"Rock'n Night 2005"
sin3.jpg

Black&Blue
sin5.jpg

KUMIも同じスタンスで衣装を考えてくれています。
IMG_1231[1].JPG

SIN

Shirai Guitar

SINが睡蓮で使っている主力ギターです。
約10年前にオーダーしたギターです。
こいつに、先日ストラップピンを取り付けました。

image-20130214071658.png

image-20130214071619.png

安定して立奏出来るようになりました。

image-20130214071825.png

このShirai Guitarについては、後日、詳細に紹介したいと思っています。

SIN

bingo、ライヴ!

SINの音楽仲間のbingoさんのLIVEが、大阪の千林であるというので、行ってきました!

6836082_1886012291_125large.jpg
彼は、ギターとともに日本全国を旅しながら、年に200本以上のライブをこなしています。

image.jpg

わたしは常々、歌は、その人がどう生きてきたかが、にじみ出るものだと思っています。
どんなに素晴らしいことを歌っていても、その人自身に中身がなければ、響いてくるものはないし、薄っぺらい歌にしか聴こえない。

彼の歌からは、彼自身が心から幸せだと言える生き様が、溢れ出ていて、たまらなく心をうつのです。
自分のやりたいことをやり抜く、と言うことは、簡単なことのようで、実はとても難しい。

「自分に正直に、精一杯の自分をやる」
昨年、画家の江崎満さんから、いただいた言葉は、いつもわたしの心に響いています。

それをまさに実行されている、最高にかっこいいbingoです!


bingoサイト

るんるんKUMI

ジャカランダ、ライブでした。

俺の知ってた、KUMIのスイート・ハイトーン・ボイスが復活しました。
俺と演ることで復活してくれたのは嬉しいです。
今までみたいにライブが年に数回じゃね。
睡蓮は半年で15回かな?これぞ、ライブバンド!ライブと共に成長させてもらっています。

対バンの方の温かい言葉も励みになります。

「KUMIさん、ハイトーンが凄く伸びますね。」
「SINさんのギター凄かったです。」など。

オリジナル曲も早く完成させて、年内にCD出せたらいいな、

花セットリスト
グラマラススカイ
一番綺麗な私を
夜を駆ける
ババロア
ビッチ
オハイオ

花アンコール
ワイルドフラワー

ラフマニノフ

朝、テレビで久しぶりにラフマニノフピアノ協奏曲第二番を観た。
image-20130210100235.png

リヒテルのコンクールで優勝。そのリヒテルが弾く音源がこれ。


俺は、リヒテルが弾くドビュッシーの組曲「版画」を聴いて「これ弾きたい!」と卒業演奏曲にしたのでした。


当時の楽譜は、まだ持ってます。
image-20130210100214.png

image-20130210100224.png

話は戻って・・・
KUMIもこのラフマニノフが好きだと知ってびっくり~なSINなのでした。

SIN@睡蓮

珈琲工房ビーンズでした。

共演のNOBさん。
一番前で真剣に聴いてくださったマダム、ありがとうございました。

睡蓮は、二番目なので調子に乗って1時間15分、11曲やっちゃいました^^;


image-20130209235916.png

写真はNOBさんからです。感謝(^^)

セットリスト花
一番綺麗な私を
夜を駆ける
木馬
スカボローフェア
暗い部屋
一人で行くさ
月のしずく
ババロア
グラマラススカイ
オハイオ
ビッチ

週末は、新開地と西明石でライヴいたします☆

今日はめちゃめちゃ寒かった~そらそうですよね、二月ですもんね。
寒さに負けず、今週末はライヴです♪
お近くの皆様、ぜひお越しくださいね~~☆

2月9日(土)
るんるん珈琲工房ビーンズ
兵庫県神戸市兵庫区新開地1-4-3 ミナエンタウン1F 078-578-5026

7時半頃からぼちぼちスタートいたします♪
美味しい珈琲を飲みがてら、いらしてくださいね!

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪

2月10日(日)
ムッシュプレゼンツVOL62☆
出演☆中村利沙、加藤愛、インスタントグルーヴ、睡蓮、 舞子坂夕焼け楽団

チャージ800円 オープン午後6時 スタート午後6時半 睡蓮の出番は未定です

るんるん西明石 Jacaranda&おもちゃ箱
673-0016 明石市松の内2-1-1 ひな菊ビル103号 078-923-3023

iphone/image-20121223092632.png

続ストラト モディファイ中

ピックアップを交換して、サーキットも一新しました。
ストラト2.jpg

完成目前、仕上がりがたのしみです!

SIN

気合いだー!

仕事で早急に覚えないといけないことが、たくさんあって、こんなにブツブツと暗記したのは、学生の時以来ちゃうやろか〜…と思いながら、とにかく暗記…。
記憶力の衰えをひしひしと感じつつも、思ったよりも早く覚えられてるような気がする!

切羽詰まっているから?(笑)
気合いの入り方が違うのかしら?

最近、歌詞が以前より覚えにくくなってきたなあ、と思っていたのですが…
それは、気合いが足りないってこと!?(>_<)
うーん、やる気はあるんだけどなあ(笑)

確かに、暗記ものは、語呂合わせのように覚えているところもありますが、歌詞はそういう覚え方はできないもんなあ。

先日、音楽仲間の方に
「英語の歌詞を忘れそうになった時、日本語の訳を思い出すと、けっこう浮かぶよ!」
と、助言をいただいて、早速レパートリーの曲の日本語訳と英詞を照らし合わせてみて、なるほど!ほんまや!と、納得しました。
sg.jpg
いいヒントをいただきました!*\(^o^)/*

まあ、でも、基本は、気合いですなっ!*\(^o^)/*

KUMI

増尾好秋ライブ

1979年、思い出のライブ。わけあって1階のど真ん中で観ました。
増尾好秋.jpg.jpg
フュージョンという言葉が全盛だった頃。
メンバーはチケットに書いてある通り。
ただし、ウィクターではなく、ヴィクターね!

ヴィクター・ブルース,T.M.スティーヴンス,ロビー・ゴンザレス,シャーリー増尾

この会場、神戸国際会館で、T.M.スティーブンスを初めて観た!
奥さんは、日本人なんだよね。。。
最近じゃ、スティーブ・ヴァイと演ってるので知ってるギター・キッズも多いと思う。
このツアー音源は翌年LPとして発売されました。

で、このライブでのベース・ソロは凄かったのだ。他のメンバーはステージ袖に引っ込み、T.M.だけがステージ中央で仁王立ち!自らスキャットしながらハーモニクス音を織り交ぜて凄い早技のフレーズを叩き込んでくる。当時、チョッパーと呼んだ奏法も連発。
そんで、ベースが小さく見えました。

JAZZ畑の人ですが、この頃の増尾さんのギターは熱い!今でも彼のフレーズは俺の体から時々、顔を覗かせますあせあせ(飛び散る汗)

SIN

ストラト、モディファイ中

SINのストラトはボディが1973年、ネックが1974年生まれです。
さすがにお年なので、いろいろ不具合が・・・。
で、只今再入院中です。
いろいろ・・・あんなこと・・・こんなこと・・・して、戻ってくる予定です。
めちゃ、たのしみぃ~黒ハート

IMG_0839[1].JPG
ネック再塗装の次はこれ!ペグを交換してヘッドがカッコよくなった!
image-20130204230628.png

SIN

本物を知る

「睡蓮」を結成して以来、いろんな出会いがありましたが、2013年は、スタートから、本当にプロフェッショナルと呼ぶに相応しい、物凄い方々と出逢う機会に恵まれました。

皆さん、次元が違いすぎる強烈な現場でやっておられる方ばかりで…

どれぐらい強烈かと言えば。
「世界レベルのカーレースのメカニックで車屋」・・・今、ドバイなんです。(え?どこ??)
「日本では発売されていないパーツを持っていたり、はたまた作ってしまうギター職人でギタリスト」・・・ネックの塗装できましたよ。(え?たった一日で??)
「一ヶ月で700曲仕込む、日本のテレビ業界を支える音楽家でギタリスト」・・・ギターオヤジが戦いを挑んでくるんですが、「上手いですね!」って、わざと負けてあげるんです。ただし、バレないように難しいフレーズを織り込んでます。(やさしぃ~)

共通して言えることは、有言実行です。
彼らは、苦労したことやウンチクをいちいち語りません。しかし、計り知れない努力の積み重ねがあったからこそ、今があることは、一目瞭然です。

今、睡蓮を通じて、常に周囲にアンテナを張り、大きく物事を捉えて心豊かに生きておられる皆さんと、交流できる幸せを感じています。
iphone/image-20121223092632.png
KUMI

Elton John 1974

エルトン・ジョンは、ご存知でしょう。
最近では、マドンナの口パクを批判したり・・・また、それを翻したり・・・
音楽での話題は、70年代~80年代と比較すると減ってしまいました。
が!未だ現役に感謝すべきなのでしょうね。

歌心のある曲というものを教えてくれた人です。


このライブは、本物のライブを体感できた。
elton_john.jpg
メンバー登場、そしてドラムのナイジェル・オルスンが振り下ろしたスティックから発せられた、スネアの強烈&爆音に、鼓膜やぶれる~~~むかっ(怒り)、そして今日のライブは、凄いことになると予感しました。

ピアノの上に乗ったり、乗り越えたりのライブパフォーマンスしながらヒット曲、名曲のオンパレード。
2時間半、メンバー全員と会場が一体となりロックしまくりでした。
パワフルとは、このことです。今のエルトンとは別人やね。
madman_shakes_tokyo.jpg
ライブ終了。友達と大阪駅に着いて「すごかったな~」とようやく言葉を交わした。
その時に、爆音だったため耳鳴りがしている事に気づいた。
EJ.jpg

1974年のライブ日程は次の通り
俺の行ったライブは、厚生年金3デイズの最終日で、気合十分だったようです手(チョキ)
2月1日 日本武道館
  2日 日本武道館
2月3日 大阪厚生年金会館
  4日 大阪厚生年金会館
  5日 大阪厚生年金会館
2月7日 福岡市九電記念体育館
2月8日 広島郵便貯金ホール
2月9日 京都会館
2月10日 大阪フェスティバルホール
2月11日 名古屋市公会堂
2月13日 東京厚生年金会館

Grand Funk Railroad - Inside Looking Out

グランド・ファンク・レイルロード、邦題「孤独の叫び」
俺は、根性一発!本物のロック!!と呼ばせてもらっています。
1971年7月17日、雨の中の後楽園球場ライブは、今でも伝説のライブだ。
だから7月17日に生まれた人は、本物のロック・スピリッツ満載なんだろうな。
もう、過去聞いてた曲はこれを知ったら聴けなくなる。
前座には、俺の大好きなモップスも出演した。
グランドファンク後楽園.jpg
当時、イモバンド、くそバンド、とか呼ぶ奴がいた。
マーク・ファーナーのギターは・・・技巧派ではない。テクも無い。
しかし! 溢れるロック・スピリッツがある。
こんなロックするバンドは、なかなかないぜ。

この曲は、よくLPやテープを回し、一緒に弾いて遊んだ。

73年くらいだろうか?TV番組「イン・コンサート」で観たのはこのライブかもしれない。
3ピース・バンド。客を煽るつぼを知ってる。今、聴いても観ても体の芯が熱くなる。


SIN@睡蓮(KUMI&SIN)

ツインリードと言えば

草分け的なバンドと言えば、一番に出てこなくてはならないのが、このWishbone ashである。
ギターバンドなんて言葉も、このバンドがあってこそ生まれた言葉です。



wishboneash76.jpg

二回の来日のどちらも行きました。ツインリード炸裂でかっこよかったな♪

先日のギターワークショップを手伝ってくれた、後輩でプロギタリストの北野くんとトリビュート・バンドを組んでいました。
余談ですが、北野くんは、日本のTV業界の音楽制作に携わる、12人のミュージシャンの一人なのです。
ウルルン滞在記とか彼の作品だよ~。

でっ!ウイッシュボーンですが数年前にGAROのマークも好きなバンドと分かり嬉しい限りです。
マークが、ライブでやってる曲


北野くんとやってた曲
Japanese TV 1978 - Wishbone Ash

エレクトリック睡蓮でのツインリード。どんな曲をやるのか今から楽しみです。

SIN@睡蓮(SIN&KUMI)
プロフィール
2012年7月結成。シンの繊細かつ多彩な表現力に溢れたギター、透き通る久美の歌声を 武器に、ジャンルにとらわれない選曲で、カバー曲にオリジナル曲を交えながらお贈りします。

SIN&KUMI

Author:SIN&KUMI
ポップでロックなアコースティックデュオ KUMI : Vo&G / SIN : Vo&G

LIVE INFO
最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
月別アーカイブ
SUIREN
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。