umie ~ ギャラリー夢雲へ

神戸、ハーバーランドのショッピングモール「umie」。ここに入っているスペインのファッションブランド「デシグアル」のバーゲンに。

バンド友達の、チカちゃんが働いている。
好みのデザインの服やカバンがいっぱい!


KUMIは、店ごと買うような勢い。


チカちゃんをつかまえて、悩みまくり。

二人とも、数年は買い物しなくていい程、買った

かわいいスタッフさん二人と。


大満足でお店を後にする。

デシグアルファッションでギャラリー夢雲へ。


購入した版画を受け取りに来たのだ。

KUMIは、またまた力のもらえる絵を手に入れた。

個展、終了の打ち上げに参加させてもらった。お蕎麦職人が打った、うどんと、豚のテリーヌ、フォアグラを初めて食べた。

濃い生き方をしている人たちと。話題には事欠かなかった。




帰りたくなくなる非日常空間であった。

SIN
スポンサーサイト

サンセレ、ティピティナス

二つとも、友達のバンドの名前です。

昨夜は、神戸市春日野道のライブバー、ブラザーズ&シスターズへ。


サンセレはSunset Celebrationという、6人バンドなんだが、事情があって今はディオで活動している。
洋楽を中心に大人の曲を聴かせてくれる。ギターとボーカルもテリーさんは、ロッククイーン神戸にきてくださった。

ティピティナスは、バッドカンパニーのコピバンを少し一緒にやった、ふーやんのバンド。久しぶりの再会だった。
いつ聞いても彼の歌声は羨ましい甘い歌声。

メンバーの外浦さんは、2年ぶり位の再会。シバさんは、ローガンズのライブを観て以来だから何年ぶりかわからない位の再会。
ふーやんのオリジナル曲に外浦さんのオリジナル曲を織り交ぜながら、楽しいライブだった。

しかし電車の音、もうちょっと何とかならんか!?バラードを集中して聴いている時に電車が通るとびっくりするのである。心臓に悪いわ

最後は2つのバンド揃って、You got a friend。

帰りの車の中で、歌い方やバンドのあり方について論議した。


その前に、くら寿司で久ぶりに寿司を食べた

SIN

くそっ

俺にだってこれしか表現方法が出てこない時がある。
それは努力しても手の届かないところにあるからなのだ。

SIN

KOBE ROCK QUEEN 2013

KUMIが「華音」(カノン)で出場してきました。

MVPバンドを無事に獲得しました。
IMG_4300[1]


まぁ、ロックと呼べるバンドは、華音だけでしたけどね。
1曲目「Nitty Gritty」でぶっ飛ばし!



2曲目は、渋く「Spy In Love」で決める。


そして、3曲目。ロックの女王といえばこの人。
そう、ジャニス・ジョプリンです。

Move Overでかっこよく終演しました!


審査員からは、オフレコで「MVPは、君たちしか居ない」と言われたり、司会の方からもオフレコで「格好良い!ただただ格好良い」とお褒めの言葉を頂きました。

バンド仲間は、「真のロック・クイーンは華音やで」と言っていただき大満足で終えることができました。

多数の応援、ご来場ありがとうございました。
kanon_3.jpg



SIN@華音プロデューサー


いよいよ明日です。

神戸ロッククイーン2013
http://www.koberock.com/event.html
KUMIの3ピース・ロック・バンド「華音」が出場します。

お時間都合つけて、応援に来て頂けたら心強いです!

2013/6/28(金)19:30開場 20:00開演

参加費 ¥2,000(飲食代別)

会 場 カフェフィッシュ
http://www.cafe-fish.com/shop.html

心が身体が踊る

週末にロッククイーンコンテストを控えていると言うのに、今、メロディを付けたくて仕方がない詞がある。
金曜日まではロッククイーンの課題曲が優先と思いながらも、うずうずと、はやる気持ち。

昨日、夢雲でミニライブを終えた後、演奏曲の気になる点をSINに伝えながら、曲の速さを確認した。この速さだと曲のイメージ通りとか、息が続きやすいとか、歌詞がなめらかに発音できる、など、具体的な理由で、曲のテンポが確定してゆく。
身体が「この速さ!これこれ!」と言っているのを実感する。

演奏を繰り返し、曲がこなれてゆく中で、またより確かなものに仕上がってゆく、この作業というか感覚が、とても好きです。

この夏は、もっともっと前進したい!
心が身体が踊る感じ♪


KUMI

ギャラリー夢雲へ!

日曜日、華音のスタジオ練習の後、江崎満さんの個展が開催されている、奈良のギャラリー夢雲へ向かいました。
kanon_246.jpg

念願のギャラリー、夢雲。
その景色、漂う空気、とても懐かしい感覚が蘇ってくる。
久しく思い出すことのなかった、両親の郷里、隠岐島で過ごした夏休みの日々の思い出が、溢れ出すように心に蘇ってきました。
夢雲4

出来事を思い出す、と言うよりは「五感が揺さぶられる」とても感覚的なもの。
夢雲3


江崎さんを慕って、集う人々。
夢雲1

こちらまでつられてしまうような笑顔が、そこに溢れている。
夢雲2

日常の中の非日常なのか、非日常の中の日常なのか、いったいどっちなんだろう?
そんなことを考えながら、しばらくまったりと、空間に身をゆだねていました。

そして。
江崎さんの絵にわたしの心が激しく共鳴して生まれた、睡蓮初のオリジナル曲「春の太陽」を、江崎さん本人に生で聴いていただきたいという、わたしの願いから、ミニライブをさせていただくことに!
素晴らしく居心地のよい空間で、作者の江崎さんとギャラリーに集まっておられたお客様に、「春の太陽」を聴いていただけたことに感無量でした。
moon3.jpg


本日も、再びギャラリー夢雲に行ったのですが、先日歌を聴いてくださった方から
「今日もライブはないのかな?」
と、なんとリクエストをいただき、またもやミニライブ!
fc2blog_20130626003739eb0.jpg


日曜日、火曜日と、ライブを終えてから、本当に嬉しいお言葉をたくさんいただきました。
わたしが歌を歌ってゆく中で、自問自答してきたことや迷いがふっとんでゆくほど、嬉しいお言葉でした。
心と心が向き合い触れ合うような、ひと時を共有してくださった皆様に、心から感謝しています。
なんだか胸がいっぱいです。
夢雲猫

KUMI

今日もギャラリー夢雲へ

ちえちゃんのランチ、と言うのがあったので予約して行ってきました。





おいしいの何の!厳選された食材の持つパワーはすごい。これで満腹になりました。

ちえちゃんのリクエストまたまたミニライブ。



これは前回の様子。

春の太陽について、うれしいコメントをいただきました。

今日はいろいろ話せて収穫の多い日でした。


今回俺が買った皿です。


SIN

LED ZEPPELIN LIVE 1969

当時は、情報が少なくてね~。
ラヂオから流れる曲を必死で聴いて、曲名をメモしたり・・・。
どうやって弾いてるなんて、もちろんわかんね~~~。

3分10秒からは、チョーキングやと思ったら・・・あらら、そんなことしますか!



で、ゼップをこの距離で観るなんて今じゃ考えられませんし
ヘドバンしながら踊る奴、いないね~。

最近の奴らは、ギターソロの尺がどうのこうの・・・。
ギターソロは、気が済むまで弾くんだよ!
で、気が済んだら、手を挙げて合図する。これがソロだぜ!!
10分地点のボンゾとのアイコンタクトをみろ!

ほんで、、、やっぱりジミー・ペイジて上手かったんや。

で、この頃の曲が一番しっくり来る俺て??

SIN

華音最終リハ~ギャラリー夢雲

お昼から、今週金曜日に開催される神戸ロッククイーンに向けての最後のリハでした。


3曲!なかなかいい感じに仕上がりました。



お開きになってすぐに奈良県室生町へ。
古民家ギャラリー夢雲で開催中の江崎満作品展を観に来た。
やっぱりここの空気と人の生き様が好きだ。
みっちゃんの作品はこの場所が1番馴染む。






急遽、ミニライブで3曲披露。
この空間で睡蓮初のオリジナル曲、春の太陽をその生みの親である、みっちゃんに聴いてもらう事ができた。
感動の瞬間だった。何回も演奏した曲だが、ここ独特の空気を感じた。
きっと聴いている人たちが、ただならぬ感性の持ち主だからだろう。

オーナーさんから頂いた珈琲を飲みながらインドのプーリーサンドを食べてみた。美味しい!

このワンコの名前はムーン(夢雲)。ここのワンコだ。

ムーンと親戚の、ハナ。


晩ご飯を食べて行け、と言ってくれた。



日常と非日常が交錯する原点回帰の時間であった。


SIN

Basie10周年記念ライブ

出演してきました。

満席のお客さんの前で雰囲気最高でした!


ミス満載でしたが、楽しくできました。反省!
完璧な演奏を目指します。



帰り際に、対バンの方が走り寄ってきて、素晴らしかった!と言って頂けました(^o^)/

さらに精進して、よい演奏を目指します。

セットリスト
グラマラススカイ
OHIO
春の太陽
夜を駆ける
ババロア

SIN

ZZ Topを知ってるかい



70年代初頭から活躍するテキサス・ロックの3ピースバンドだ。バンド結成は1969年だ。

バンド結成当時から聴いていたが、1975年のライブアルバム「ファンダンゴ!」の監獄ロックを聴いてブッ飛んだ。

正統派のロックに根付いているが、80年代に入っての打ち込みバックのノリのいいロックでヒット曲連発した。
PV全盛時代、弱者が強者を見返す一連のPVもおもしろかった。
登場する赤いZZTOP号(名前は知らないわ)不思議な感じ。

1987年 アフターバーナー・ツアーに期待して行ったのだが、1時間半足らずの演奏にがっかりした。
zztop.jpg

が・・・曲はいい。そして、PVの一貫したお色気路線。脚フェチには、たまらんPVです。

泣きのメロディーをどうぞ。


SIN

セッションとは・・・

友達にライブで、ちょっとギターを弾いて欲しいと言われたことがある。

そして、ちょっとセッションできたら。ということでした。

KUMIとデュオを組んだ頃、よくハードロック・セッションとか彼女の口から出るので
どんなものかと思っていたら、曲を仕込んでスタジオで演奏して遊ぶわけね。

俺の思ってた所謂、Jazzセッションなんかとは、言葉の使いかたが違っていました。

で、さっきのセッション。事前には、何の打ち合わせもなく、当日ちょこっと打ち合わせ。
「ここから入って・・・」くらいだったかな。

すべてがアドリブ。もちろん、MCもね。これが俺のセッションの常識。



何が起こるかわからない。これが、セッションの醍醐味なんだよね。

SIN

迷いもぶっとび!

昨日の続き。

iPhoneに替えよう!と思い立って、店員さんに何GBにするかと聞かれて。
全く何も考えていなかったわたし…

「一般的にはどれがよく売れてますか?」
と店員さんに聞くと、
「ご予算もあるかと思いますが…16GBの方か、32GBが多いですね~」
とのこと。
音楽はたくさん入れたいし、動画もバンバン撮りたいし…内心32か64で迷っていたので、
「ちょっとiPhone使ってる友人に何GB使ってるか、聞いてみますー…」
と、咄嗟にメールしたのが、なんとSINと華音のになちゃんでした(笑)
用事してるかもしれないし、すぐには返信ないかもしれないなーと、ダメもとでメールしてみたのに、二人から、すぐに返信が!(笑)

しかも二人揃って
64」!!
という返信!

迷いもぶっとび、
「64にします!」
と即答しました(笑)

iPhoneの動画は、かなりよい感じで撮れて、パソコンでの連携もしやすそうだったので、どんどん活用したいな!と思っていたのですが、実際にiPhoneに替えてみて大満足です!(^o^)/*

ちなみに現在の使用状況は、64GBのうち、50.9GBでした。

なかなか使えてるやん、わたし!(^o^)/*

ほんでもって!一年経ったし、新しいカバーを購入してみました!
実物みてないからドキドキですが(笑)…楽しみー♪

KUMI

一年前

iPhoneに機種変更してから、今日でちょうど一年が経ちました♪

一年前のわたしは、ストレスにより体調が絶不調でした。
起きていられない日が続き、耳鳴りが酷くなり、あげくの果てに声が出なくなったことで一番懸念していたのは、
「歌えなくなったらどうしよう」
と、いうことでした。

脳内出血を起こして倒れた時…一人でトイレにも行けない寝たきり状態なのに、主治医に「また歌が歌えますか?」と聞きたくて仕方がなかった。

わたしにとって「歌を歌う」ということは、生き甲斐そのものなのです。

一年前の今日、聴力検査を受け、耳鳴り専門の治療院に行った帰りに、突然思い立って、iPhoneに機種変更したのでした。

まさに衝動的だった。

「何MBにしますか?」と店員さんに聞かれ「え、何があるんですか??」
と聞き返したほど、下調べも知識も全くない状態で。
でも、その日にどうしても替えたかった。
替えたい!と思った時に、替えたかった。
何かを替えることで、変わりたかったのでしょうか。


一年前の絶不調のわたしからは、今のように毎日、あちこち飛び回る生活は想像できませんでした。

一年前、衝動的にiphoneに替えた時から、自分がやりたいと思うことは、全て実現してきたからこそ、今のわたしがあるのだと思います。


「もっともっと歌いたい。」
ずっとそう思いながら、10年前にバンドを立ち上げ、歌いつづけてきました。
そして、今、睡蓮で、華音で、伸びやかに歌っている。

そんなことを思い出した、今日でした。

KUMI

Basieへ

ユニフレ・ギタークラブの練習が終わってからきた。


ミックスジュースを頂きながら、開店10周年記念ライブの司会用に原稿を書いた。

こんなイベントライブに出演できる事に感謝しなきゃね。


SIN

対照的な2曲

今日は華音の練習でした。
京都に向かう車の中で、延々と課題曲をリピート。
細かい歌いまわしのチェックをしながら、最終調整。

ボーカルというのは、家でさんざん歌いこんで「もうバッチリやん!」と覚えたつもりで挑んでも、いざスタジオで歌ってみると歌詞がすっぽ抜けたりで。
ギターボーカルになるとなおさらな訳ですが、スタジオで歌い込んで、またひとつ歌が身体に染み込んでくるのです。


華音の本番の前に、三木市のジャズカフェベイシーのライブがあるのですが、そちらで披露したい曲も並行して仕込んでいます。


華音と睡蓮で仕込んでいるこの新曲2曲が、とても対照的で、どちらの曲もわたしにとって、新たなチャレンジとなる曲です。
今までやってきたことの原点の象徴とも言えるような曲と、ボーカリストとして成長するならば歌いこなすべき曲と。
プレッシャーと期待感で、不思議な感覚に包まれています~そして、これがまた、たまらなく楽しいのです!

セットリストも決まって、ライブの流れをイメージしつつ、今週は、この2曲をエンドレスでリピート!


KUMI

巣立って行きました。

今日は、SINの長女の結婚式でした。
IMG_3929.jpg

若いって、ええなぁ。と思うとともに「俺も負けとられん、これからや!!」と誓うのでした。

彼らの手作りの式のBGMは、イーグルスとポーランドの歌姫「バーシア」
どちらのアーティストも、来日したおりには長女と一緒にライブに行った。
特にバーシアは彼女のお気に入りで二人だけでライブに行ったのであった。
プロデューサーであり、キーボード担当のダニー・ホワイトはアレンジの天才だね。




イーグルスで見送りかな?と思っていたら、なんとニール・ヤングのHearvest Moon。
そうくるか~。さすがです。。彩さま・・・。


本物はこちらです。


一人、俺から離れて行ったな・・・と思いを馳せる一日でした。

SIN



春の太陽

友達の江崎満氏、みっちゃんの個展の案内が来た。

場所は奈良県の室生町にある古民家ギャラリー夢雲である。

彼の作品が一番似合うギャラリーだと思う。


ここで彼の作品にインスパイアされてKUMIが書いた睡蓮初のオリジナル曲「春の太陽」を彼に聴いて欲しいのだ。

SIN

親友

先日行われた東播フォークジャンボリーに、わざわざ奈良から幼なじみが観に来てくれました。

彼の車には、明るく楽しく生きよう人生、と描いてありました。


人生に対して同じような考え方をしているので親友でおられるのでしょうか

SIN

Robin Trower を知ってるかい



Robin Trower - Bataclan, Paris 1973
俺が高校生の頃から聴いてる。ジミヘンフォロワーの彼からは、いろんなリックを頂きました。
今でも手癖になってるフレーズがたくさんあります。

この動画は、いつか削除されるかもね。
21分、爆音で観ることをオススメします♪

そうそう、22日の土曜日に「祝!ジャズカフェ・ベイシー 10周年記念ライブ」への出演が決まりました。

三木市が誇る、本格ライブハウスですぞ!
先日の「東播フォークジャンボリー」の打ち上げでも、お世話になったお店です。
fc2blog_201306100209340fc.jpg

ベイシー
ベイシー1


睡蓮は、新レパートリーを用意して、多数のご来場をお待ちしています。

SIN




気づくということ。

28日のロッククイーンコンテスト決勝に向けて、ギターを練習中。
今月に入ってなぜだか左右の薬指が痛むので、テーピングをしつつ、様子をみつつ。。。ですけど。

こうなってみると、普段自分がいかにちゃんと弾けていなかったか、非常によくわかる。

以前、ピックが弦に当たる角度が良くないと指摘されたことがありました。自分でもそうだな、と思っていたのだけれど、長年の癖というのは、なかなか抜けないもので、気合を入れて弾くと、ついうっかり元の癖で弾いてしまっています。
チョーキングも手首を柔らかく使っていい感じに持ってゆかなくてはいけないのに、余分な力が入っている。。

指を故障したことによって、無駄な力がかからないよう心がけて弾こうとするので、なるほど、悪い癖がほんとによくわかるのです。

気づく、ということは、とても大切なことですね。
「できているつもり」「やっているつもり」を越えて、できていないことに気づいた時に・・・そこから新しい一歩が、始まる!

KUMI

ギター教室&Basie

新しいメンバーが加わりました。


その後、ジャズカフェBasieへ。
Basie開店10周年ライブに睡蓮の出演が正式に決まりました。

久しぶりにマスターと1時間半雑談しました。


SIN

東播フォークジャンボリー

SINは第一回東播フォークジャンボリーに、地元三木市のユニバーサルフレンズアコースティックギタークラブ、通称ユニフレのメンバーとして参加してきました。


知り合いの市会議員大西さんが駆けつけてくれたり、市長からの祝電があったり、また、全国のフォークジャンボリーとつながったり、今後大きなイベントに発展しそうで楽しみです。



ヤギリンゴちゃんのステージに高砂市のマスコットキャラ、ボックリンが登場して会場を盛り上げてくれました。



打ち上げは、地元のライブカフェBasieで(^o^)/ イベントの成功にみんなで盛り上がりました。

KUMIの動画撮影や荷物運び、演奏へのコメントなど、サポートに感謝です。


SIN

前日のリハでした。

第1回東播フォークジャンボリー。
いよいよ明日開催されます。

その前日のリハーサルに行ってきました。

イベントは10時スタートで俺の出番はトップです。

SIN

Wasted On The Way by TSN

SINは以前、定期的に「家具と雑貨&カフェの店、FLIP FLOP」でソロライブをやっていました。
SIN_LIVE.jpg
ここ、FLIP FLOPさんでのライブを企画し実現したのは、俺なんですよ~(^O^)/
俺の好みの曲が流れる素敵なお店ができたな~、って思って、、ここでライブできたらいいな~、と思って・・・

その頃のお店には、お食事メニューどころか、ケーキセットもありませんでした。
基本、家具と雑貨のお店でしたから(^^;)

ある日、ここでライブをやらせていただけませんか?と勇気を出して切り出したら。
ママさんが、「じゃ、オーディションしてあげます。」と
その場に居合わせた、お客さん8人の前で、30曲ほどでしょうか?一人弾き語りしましたよ。。。

ママさんに気に入ってもらえてよかった(*^_^*)

そして、2008年の7月のことです。
俺のライブへ、Tさんと、Nさんがやってきて即席、、、TSN再結成でした。



CSN(Crosby Stills and Nash)なんて、最近の若い衆は、知らないかも知れないが、アメリカでは未だ現役でツアーをやっておる。

俺のライブ終了後に3人で遊んだだけですが、偶然カメラが回っていて記録が残った・・・・
YouTubeにUPするといろんな国からアクセスしてくださる。
グッド!の評価が7つ入ってる。やっぱ俺たちの発音は、イケてるんだね♪

睡蓮でも、レパートリーに英語の曲がぼちぼち入ってきますよ


SIN


大金鷄菊

この黄色い花。職場に向かう道の至る所で見かけます。


特に神戸市営地下鉄沿線にはたくさん見られます。あまりにたくさん咲いているので、神戸市がこの花の手入れにかける予算は膨大なんだろうな…と勝手に想像していましたが!

なんと、雑草だそうで、それこそ勝手に自生しているようです。
欧米では、庭にコレが生えていると恥ずかしいそうな

世の中、知らんことだらけですわ

SIN

生きてるうちが花なんだぜ

5月初めの高槻ジャズストリートで、宇崎竜童さんが歌っていた曲。
「生きてるうちが花なんだぜ」


その傍には、昨年脳梗塞で倒れたギタリストの横田明紀男さんの姿がありました。
もちろん再び変わりない姿でギターを弾けるようになるまで、容易ではなかったと思います。
以前と全く変わらずギターを弾いている横田さんの姿と、宇崎さんの曲が、リンクし、強く強く心を揺さぶりました。
(この動画で、ギターを弾いているのが、その復帰後の横田氏です。)

そう...生きてるからこそ、こうしてまたステージにたてている。

生きてるうちが花なんだぜ。

悔いなく生きるとか、自分に正直に生きるとか、どれほど心構えを語ろうが、生きていればこそ、だものね。

今日できることは今日やるんだ!
そして、今日できたことが、また新たな可能性を切り開いて、明日はもっと拡がっていく。

KUMI

ロックの原点

レッド・ツェッペリンが居たから今のロックがある…と言うくらい影響力があったと思う。



後期よりも前期をよく聴きます。

SIN

ユニフレ・アコギ倶楽部

SINがお手伝いしているアマチュアのギター倶楽部です。

6月9日に行われる東播フォークジャンボリーに向けて最後の練習でした。



三木市近辺のかた、観に来てね。

東播フォークジャンボリー、特設サイト。
http://toban-fj.jpn.org/

東播州フォーク


SIN


プロフィール
2012年7月結成。シンの繊細かつ多彩な表現力に溢れたギター、透き通る久美の歌声を 武器に、ジャンルにとらわれない選曲で、カバー曲にオリジナル曲を交えながらお贈りします。

SIN&KUMI

Author:SIN&KUMI
ポップでロックなアコースティックデュオ KUMI : Vo&G / SIN : Vo&G

LIVE INFO
最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
SUIREN
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
最新トラックバック