スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22年前のビデオ

音楽準備室で備品調査をしていて、文化祭の記録ビデオテープを発見!
実は、今の職場に22年前も在籍していたのです。正確に言うと、今の職場は4年前に新設されたのですが、その前身だったのです。



帰宅して、ピアノの前で51パートをアレンジしていて、気がつけば夜が明けてきたのを思い出す。

観たいけど、ウチのビデオデッキ動くかなぁ

SIN
スポンサーサイト

シークレットギグ

Facebookのとあるオフ会で、演奏を頼まれ行ってきました。


PAは無し。ギターアンプ、マイクスタンドを持ち込んで演奏しました。音空間を上手く演出できず課題の残る
ライブになりました



機会を与えてくださった弘田さんに感謝しています

ギター教室



ユニバーサル・フレンズ・アコースティック・ギター・クラブ。通称、ユニフレ。
創始者の半田くんが亡くなった時に、ここベイシーのマスターから、SINさん手伝ったってや…と言われ手伝ってきた。
もう、ぼちぼちええかな。と思う今日この頃です。



先日、三田で買ったデシグアルのシャツ。長袖だよ。

SIN

三田のアウトレットへ

デシグアルが入っている、と聞いてやってきました。
久美は初めて。SINはめちゃ久しぶり。

ありました!デシグアル

久美は店ごと買う勢いで店内に突撃です。



閉店1時間半前に入店しましたが、時間が足りませんでした。
また、ゆっくり来よう!と言うことでちょこっとだけ買って(買ったんかい(^^;;) お店を出ました。

ピザが美味しいと友達から聞いたので食べてみました。うん、美味しかった

食べながら、急遽入った30日のライブの打ち合わせをしました

ラルフローレンでエッチなディスプレイ発見


これ、思わず立ち止まるやんなぁ…それだけで成功やと話しました。

帰りの車の中で、FacebookのMark from GAROのページを見ながら、SINからあんなこと…こんなこと…を聞いた久美は、ガロとアルフィー、そしてクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングとの関係に気づき、笑っていました
ここには、書けませんわ

SIN

長谷川きよし、みっきぃ夏まつり

お昼は、北新地農園のランチを久しぶりにいただきました。
美味いんだなぁ、これが!



なんで北新地かというと・・・。
バー・サンボアで長谷川きよしさんのライブがあるからなのです。

ランチ後、早目に開場1時間前に行ったんだけど整理番号9やて

しかし!座席は奇跡の真ん前を確保できました。

前回同様、すごいギターテクと歌声。α波が出ているのだろうか・・・眠くなる。けど、意識はあってちゃんと演奏を聴いている。不思議な体験だぁ。


ライブが終わってすぐ三木市に移動。
花火大会の日です。天気はまぁまぁ。

会場ですぐに、西山牧場のソフトクリームをいただく。少し並んだ。





昨年よりも、頑張ってたように思った。




なかなか、いい場所で見られました


SIN

クラシックギター

今夜はM's kitchenへ。
スペイン在住のギタリスト、藤井浩さんのライブに行ってきた。

今まで数回聴かせて頂いたことがある。

今回は、主力ギターのホセラミレスを持参されていました。

かの、クラシックギター界の巨匠アンドレセゴビアさんが使っていたギターだという。弟子の弟子と言うことで譲り受けたらしい。


1964年製。低音の芳醇な響き。3弦もめちゃ鳴ってる。ご本人もそうおっしゃっていました。

興味深い楽曲解説とともに進むライブは2ステージあっという間に終演。

お客さんがちらほら帰る中ギター談義。
すると、するとマスターが睡蓮やりぃや!と
プロギタリストの方のライブ後に演るってどうよと一旦は断わったが、残ったお客さんから多数のリクエストが…。
藤井さんに見守られながら3曲演りました。
ALMAZ、月のなみだ、Lovin' You、喜んで頂けた。Almazは上手になったね。とまで言われた。月のなみだは、緊張したのか、いまだかつてないほどボロボロでした。

藤井さんにギターの写真をアップで撮りたいと申し出たら、ああいいですよと簡単にokしてくださいました。


喜んで写真を撮っていると、ちょっと弾いてみますか?と仰る
そんなん、セゴビアさんのギターを弾ける訳無いじゃないですか!と言うと、マスターがこんなチャンス二度とないでと言う…。

そらそうだわと、思い切って弾かせて頂く事にしました。


一生の思い出になりました。藤井さんありがとうございます。


「こいつちょっとギター弾けるやん」と思ったのか、目の前で1曲弾いてくださいました。

この距離だよ

デュオ睡蓮にとってサプライズ連続の夜になりました

SIN

たまには普通の服で

仕事する日もあります。



かと思えば、雨の中、ただ働きする時もあるのです。


SIN

マークのニューアルバム完成

マークは、1970年代に活躍した3人組ガロのメンバー。

SINは以前、神戸ツアーを企画し、ライブのサポートをさせていただきました。

そのマークがアルバムを完成させた



新聞に取り上げられ、ネットでニュースも飛び交った



とにかく、目出度い
テレビ出演も決まっている。

発売日が楽しみです

SIN

ジャズカフェ、M's kitchen

神戸市垂水区にある、カレーの美味しいお店。
睡蓮結成の原動力になったお店だ。マスターは、そんなこと知りませんけど

そのマスターの誕生日が20日だったので、ケーキを持って行った。




炙りチーズカレーを頂いた。


この日は、ちょうどM's kitchenバンドの練習日。

初めてベンチャーズ・サウンドを真近に聴いたKUMIは、マスターの弾くストラトキャスターの甘い音にぞっこんでした。


マスターに何か演ってよ!と言っていただき、ラビン・ユー、春の太陽、月のしずく、の三曲演奏させて貰いました
楽しい夜でした!

SIN

大阪谷町 PAGE ONEでライブでした。

21日日曜日、ご来場下さった皆様ありがとうございました。

トップ出演の対バンさんが、お客さん共々帰っちゃうというハプニング?
おかげで、残ったお客さんと温かいライブすることができました

さて、選挙に行ってから会場へ。
前から気にしてた、車のバッテリーがいよいよやばいやん

リハを放棄して近くのディーラーへ。
バッテリーを交換していただく。高くついたけどこれで安心


お店に戻って、お友達のゴローさんにKUMIの写真を撮っていただきました。

ライブ中もいっぱい撮ってくださってたので仕上がりが楽しみです

ライブのトップは、おっさん2人のデュオ。途中で女性ゲストボーカルが二人入った。
もちろん、この二人も睡蓮を聴かずして帰った

ライブふた組目は「つうん」という女性デュオ。ベースと歌という珍しい編成で、個性的な内容でした。

また、どこかでお会いしたらよろしくね

そして睡蓮。
SINは、Gibson ES-175D使用2回目。
鳴りは好評でした


セットリスト
グラマラススカイ
一番綺麗な私を
Lovin' You
This Maquerade
春の太陽
夜を駆ける
吟遊詩人
木馬
OHIO


SIN

本日、大阪谷町「Page One」でのライブします。

今日は、大阪谷町「Page One」でのライブです。
オープン 18:30、睡蓮は2番目で20時前に登場予定です♪
お近くの方は是非いらしてください。

2013721pageone1.jpg

pageone_map

久しぶりにFLIP FLOPでのライブでした。

SINにとっては、ホームと呼べる場所で久しぶりのライブでした。

ff_kumi

ニューギター導入で課題満載でしたが、音そのものは好評でよかったぁ~。
175D


セットリスト
グラマラススカイ
月のしずく
This masquerade
Scarborough fair
一番綺麗な私を
木馬

一人で行くさ
春の太陽
Lovin' you
Almaz
夜を駆ける
ババロア
ワイルドフラワー

明日ライブやります!

恒例、神戸市西区の雑貨&カフェ、FLIP FLOPさんで4時半スタートです。

お時間取れそうな方、是非お越しください(^o^)/

20130720blog.jpg

ブルースギター!

先日SINがかけてくれたCDが、めっちゃかっこよかったー!


どうやらわたしは、ロックのギター以上に、ブルースギターがかなり好きかもしれない!
と、この年にして再発見!(笑)


KUMI

この世界の宝物

大阪城ホールへ、サラ・ブライトマンのコンサートへ行ってきました。



なんとアリーナ9列目と言う奇跡的な席!こんな距離でサラのステージを観ることができるなんて!

実はこの日、わたしはまれにみる体調の悪さで、座ってるのもようやくという状態でした。

サラの歌声を聴いていると、緊張にまみれていた身体が、どんどんほぐれてゆくのがわかりました。
四曲目、知らない間にポロポロと涙が零れていました。
サラの歌声は、希望と癒しに満ち溢れ、全てを浄化してくれるようでした。

壮絶なスケールの世界観で、映像や照明と共に、聴覚と視覚と本能に揺さぶりかけてくるのです。

サラ・ブライトマンが存在していることに、心から感謝をしました。
彼女こそ「歌姫」であり、この世界の宝物でしょう。

次回の来日公演も必ず観に行く!


KUMI

KUMIの誕生日でした。

近所のジェラートのお店へ。
初めて行った。
誕生日祝いに、でかいシュークリームを買った。


メインのお祝いは、俺の家の近くのイタリアンレストラン、ペッシェ・ビーノで夕食を食べました。


睡蓮が、いつまでも元気にライブ出来る事を祈るのでした。

SIN

10年

10年ぐらい前に書いたオリジナル曲を、睡蓮でもできるかな?と、聞き直していました。

あの頃のわたしと、今のわたしは当然違うので、歌詞は手直しが必要かと思いきや…
ん?意外と、そのままで歌えそう!

歌詞を書く時には、具体的な表現でなく、いろいろな受け取り方ができるような表現をするように、心がけているからでしょうか。
歌詞を変えることなく、今の気持ちをのせて歌うことができそうで、作った当時の気持ちがわかる本人ならではの感想かもしれませんが、不思議でもあり、おもしろくもあり。
そして9年前にこの曲を、客席から聴いてくれていたSINのアレンジで、今歌おうとしていることもまた、不思議でもあり、面白いものだなと。

あの頃のわたしは、あれもこれも頑張ることが、精一杯生きることだと思っていた。目の前のことをひとつずつこなしてゆくことで、しっかり生きているような気がしていた。
「しっかり」って何やねん?今は思うけど(笑)

今なら、肩の力を抜いて、歌える気がする。

そして10年後には、また「新たなわたし」で、この歌を歌っているんだろうな。


KUMI

負のオーラ

これと、付き合ってはいけないと再確認した出来事がありました。

こんなのを相手するのは、命がもったいないのです。

さぁ、ニューギターで練習だ。

SIN

ピンヒール

最近、ハイヒールを履く機会が増えています。
厚底やウェッジソール、ピンヒールなど、シーンに応じていろいろ履きかえますが、日常的にハイヒールを履くようになったのは、LIVEでピンヒールを履いた時に、自然に動きたいと思ったからです。
自然に動けるには、ピンヒールが非日常ではなく、日常になればよいのだ、と。

ピンヒールに限らず。
今まで非日常だと思っていた出来事か、日常になった時点で、また新たな世界が拡がってゆく。

KUMI

今度の曲は…

ただいま仕込み中の曲…
けっこう難しいのです(>_<)
でも、これが身体に染み込んできて、
「あっ!なんかわかった!」と、ふっと、自分の中で掴める瞬間がくるのです。
そうなると、どんどん歌うのが楽しくなってくる。

自分の歌になってゆく。
それがたまらなく、楽しいのです。

KUMI

暑い夏を乗り切ろう

この夏の猛暑を乗り切るにはと、急に聴きたくなった。
ローリングストーンズ、Steel Wheels。

探してみたらカセットしか持ってない(^^;;

で、CDを購入しました。
新しめのアルバムやなぁと思っていたけど、1989年のリリースだった(≧∇≦)

1960年代からやってるバンドやから、新しいといえば新しい(^ ^)

ストーンズは現在ツアー真っ最中!
なんちゅう体力や。

キースが早く死にそうなROCKミュージシャンBEST10から脱落して残念がってた。

ストーンズはデビューからどれを聴いてもハズレのアルバムがない。
とにかく今聞いてもカッコええのだ!

そういや、70年代のラブ・ユー・ライブもええなぁ
RollingLoveYouLive.jpg

時間芸術

7月は自分のライヴもあるのですが、素晴らしいアーティストのコンサートを二本も控えていて、楽しみが満載です!

世界的な歌姫、サラ・ブライトマン。
DIVAとはこの人ためにある言葉だと思います。

そして、長谷川きよしさん。
初めて生で、しかも至近距離(3m以内かな?)で、拝聴したのが今年の3月でした。
ギターの凄さはもちろんのこと、今もなお、衰えることのない、瑞々しくも伸びやかな歌声に、ただただ感動しました。

音楽とは、時間芸術。
観に行ける時には、できる限り、この目に耳に焼き付けておきたい。

KUMI

7月LIVE第二弾!谷町PageOne

FLIP FLOPさんでのライヴの翌日、21日(日)は、大阪谷町6丁目にある、LIVE&BAR PageOneさんにてライヴをいたします!
”page-one企画デュオアンサンブルナイト!”
もちろん新レパートリー、新ギターにてお披露目いたします!
皆様、ぜひお越しくださいね♪
睡蓮の出演時間はわかり次第、お知らせいたします。

✽ 2013年7月21日(日)✽

開場18時半 チャージ¥1,500(ワンドリンク付)

2013721pageone1.jpg


LIVE&BAR PageOne

大阪市中央区谷町6丁目2-25 伊藤谷町ビルB1F
地下鉄谷町六丁目駅3番出口すぐ(SoftBankさんの下)
☎06-6765-6404

FLIP FLOPさんでLIVEをいたします♪

7月20日(土)、神戸市西区のFLIP FLOPさんでライヴをいたします!

FLIP FLOPさんの大きな窓から見える景色が、とても好きです。
暮れゆく空の色が変わってゆく中で、ゆったりとした時間を感じながら、ライヴをさせていただけること、いつも嬉しく思っています♪

7月は日が長いですが、夏の夕暮れのひと時を、皆様一緒に過ごしませんか?

40分2ステージ、今回は新曲もお披露目いたします♪
お楽しみに~~~!

✽ 2013年7月20日(土) ✽

1th ✽ 16:30~17:10
2th ✽ 17:30~18:10

チケット制(ワンドリンク付)1,000円

20130720blog.jpg


FLIP FLOP

神戸市西区平野町常本1-1
☎078-961-6650

http://www.flip-flop.jp/



フライヤー

今月20日のLIVE、FLIP FLOPさんに置いていただくフライヤーを製作中・・・♪

こんなんしてたら、時間はあっという間に過ぎる~!

KUMI

続・対象的な二曲

昨日、ロッククイーンコンテスト主催者の菅さんのお店、サンドイッチ店「3」へ行った後、わたしの赤いオベーションを購入したアップルギターズさんへ。



SINが以前から興味のあったギターが展示されていて。
店内はギターワークショップが開催されていたため、個室ブースで試奏させていただくことに。
さ来週のライブに向けて、練習中の課題曲を弾いてみたり、いろいろ試していると、イマジネーションがどんどん湧いてきて、睡蓮での演奏の幅が広がりそうな、いい予感!
SINは、とてもいいギターに出会ってしまったようで、お取り置きしていただき、本日のところは一旦引き上げ~。

そして、今日は午後から、SINが参加しているギター教室「ユニバーサルフレンズ」が緑ヶ丘音楽祭に出演するので、それに参加させていただきました。

睡蓮で二曲演奏したうちの一曲は、今月のライブでお披露目したいと練習中の「Lovin' You」。
昨日、アップルギターズさんの個室ブースで試奏後、わたし達の演奏を外で聴いていたオーナーさんが「Lovin' Youいいですねー!」と言ってくださったので、思い切って演奏してみよう!と、今日の選曲につながりました!

結果、初めてライブで歌ってみたことで、試行錯誤してきた歌い方の方向性を、身体でしっかり確かめられた感じがいたします。

ロッククイーンコンテストでMOVE OVER、デュオ睡蓮でのLovin' You、わたしにとって、新たな挑戦となった二曲。
表現力は全く違う二曲ですが、どちらもとても情熱的な曲で、歌い込めば歌い込むほど、奥が深く、もっともっと歌い続けてゆきたいです。


KUMI

見つけた!

前からずっと、オニキスの入ったシルバーの指輪が欲しいと思っていたのだけれど、自分の指にしっくりくるものが、なかなか見つからなくて。

デザインは良くても、重すぎたり。

今日、とっても気になる指輪があって、はめてみたら、めちゃめちゃしっくりくるー(^o^)/*



迷わず買っちゃった!

ずっとはめていますが、馴染みすぎで嬉しいな!(#^.^#)

KUMI

昔の楽譜

昔、書いたオリジナル曲を、睡蓮でできないかなあ?とふと思い立って。

譜面、確かあったよなあ・・・と、探してみたら、出てきた出てきたー!

IMG_87399.jpg


おっ、一応コードなんかもつけてるやん、わたし!(笑)
そうそう、手書きで書いてたよなあ・・・
とにかくバンドがやりたくて、ひとつひとつ出来ることを積み重ねていた、あの頃を思い出しました。

今と曲を作った頃では、投影される気持ちは全然違ったりするんだけれど、案外と歌詞に今の想いが重なるもので、面白いものだなあ、と。
歌詞を書くときには、具体的な表現ではなく、受け取る人が、それぞれの想いを重ねられるような詞を書くように、心がけているからかな。

さて。睡蓮でよいアレンジがひらめいたら、お披露目する日も来るかな!?
どうなるかな~!

KUMI

改めて感謝。

今日、知人から嬉しいメールがありました。

「話を聞いてもらえて楽になりました」と。

誰にもどうにもできない内容だったので、話を聞くことしかできなかったのだけれど、本人がそう思ってくれたのであれば、それだけでよかったと、思いました。

そして、わたし一人では、きっとそんな風に力になることはできなかった。
わたし自身も、改めて感謝をしました。

いつも話を聞いてくれている大切な人たちへ、ありがとう。


KUMI

この一音にかける

今回、ロッククイーンコンテストに出場するにあたって。

予選では、自分の弾き慣れたミディアムスケールの白いギターを使うか、SINがモディファイしたばかりの74年ストラトにするか、、、



悩みに悩んだ末、自分のギターで出場しました。

ギターボーカルでたった一曲の勝負!、慣れたスケールのギターで弾き間違えない安全な道を選んだ訳です。

そして決選。
三曲となると、絶対的な音の安心感が欲しくなりました。
予選で使用したギターは構造上、チューニングがなかなか合わないのです…
たった15分のステージ
MCもしながらギターボーカル
微調整のチューニングなんてできるわけがない。
SINのストラトは、チューニングは狂いにくいし、何より音が素晴らしく良い。
モディファイしてくださった Soul Soundのhiroさんが、「ノイズ全くないです!」とおっしゃった言葉通り、大袈裟でも何でもなく、感動もののノイズレスのギターなのです。

そして何より、本物のロック!を演るに相応しい、74年ストラトとビッグマフで、どうしても出場したかった。
いろいろな理由から、このギターで出場したかったのです。


そして本選当日…なんと、SINから最強のサプライズ!
Soul Soundさんでシールドを特別に注文してくれていたのです!(しかも赤色!あまりに大好きな色でここでもテンションあがりまくり!(笑))
サプライズではありますが、SIN自身も、ロックにかける譲れない想いがあるからこそ、できる限りの音を追求したかったのでしょう。
そして、リハでも本物のロックにこだわった音づくりをしてくれました。
こんな心強いサウンドを作ってくれたのなら、後は迷いなくガツーンと弾くしかない!



ロックは魂です。

「この一音にかける!」

その譲れない想いこそがロックであり、華音は図太い音で、ロックの魂を伝えられたと信じています。

そして。
コンテスト当日に、ビックマフの電池まで交換していただき(笑)Soul Soundのhiroさんには、お世話になりっばなしです!

hiroさん、いつもありがとう\(^o^)/

睡蓮が彼を信頼してやまないのは、その確かな腕もさることながら、音に対する熱い想いは、彼の屋号「Soul Sound」そのものだからなのでしょう。

ロック最高!☆


KUMI
プロフィール
2012年7月結成。シンの繊細かつ多彩な表現力に溢れたギター、透き通る久美の歌声を 武器に、ジャンルにとらわれない選曲で、カバー曲にオリジナル曲を交えながらお贈りします。

SIN&KUMI

Author:SIN&KUMI
ポップでロックなアコースティックデュオ KUMI : Vo&G / SIN : Vo&G

LIVE INFO
最新記事
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
SUIREN
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。