スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺るぎない想い

わたしのオリジナル曲の作り方というのは、歌メロと歌詞が同時に浮かび、それと共にドラムやギターなど、各パートのアレンジが浮かんできて、MTRでデモ曲を作成する、という一般的な作曲のスタイルでした。

iphone/image-20121227195744.png


だけど、その後加入した、二つのオリジナルバンドでは、バックのアレンジを渡され、そこに歌メロと歌詞をつける、という作曲スタイルが続きました。

その頃のわたしは、バックアレンジをした人が作曲者なのだと思っていたのですが、その後、たくさんの方に「作曲というのは、メロディーを作ること(Melody Maker)。だから、君が歌メロと歌詞を作ったのなら、作詞・作曲は、KUMIで、そのバックアレンジをした人は編曲者(arranger)と言うことになる」と、指摘され、今まで自分が誤解していたことに、恥ずかしながら、その時初めて気づきました。
Mick-Jagger-Melody-Maker-Augu.jpg

過去にわたしが書いてきた曲は、全てわたしの著作物であるのなら、自分自身の音楽の財産、記録として残しておきたいな、と、歌詞をエクセルで整理してみました。
ぼちぼち作っていたようでも、30曲近くあって、思わずびっくり!

久しぶりに全曲通して歌詞を読んでみると、思わぬ発見がありました。
わたしが詩を書くとき、まずは自分の伝えたいことを綴っているのですが、メロディーに合うよう日常的には使わない言い回しを意識的に使ったり、韻を踏んだり、ロングトーンで終わる母音の響きを大切にしたり、常に全体像を考えながら書いて行きます。

いろいろ視点を変えたり、テーマを変えたりしながら、書き続けて来ているのですが、自分の根底にある、ど真ん中にある・・・想いというのは、ずっと変わらないものなのだなあと。。。

わたしがずっと追い求めているもの、大切だと思うもの、それは揺るぎなく、わたしの中に深く根付いていることを再確認しました。

image-20121227201527.png

初めて書いた曲と、最新曲の歌詞の中に、全く同じ一節が入っている事に驚きました。
その、わたしの「揺るぎない想い」は、8年前と全く同じ言葉なのに、もっともっと奥深い視点で綴られていました。
この8年間での成長を表現できているような気がしました。

来年書く、わたしの詞には、どんな想いが溢れるのでしょうか。

るんるんKUMIるんるん
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ここでも、語っていますね♪

http://yaplog.jp/mikukumi/archive/14

No title

自分の想いを「文字」に出来る人って尊敬しますね。

何度かチャレンジしたことはあるけど、恥ずかしくなったり、他の人の曲の言い回しになったりと上手く出来たことがありません。

そこに「韻」を踏むだなんて・・・凄すぎます。
Nothing Rhymed.

No title

> SIN

えらい昔のブログをまた引っ張り出してきて(笑)
ほんま前から語ってるわ(笑)
語ってるのはすっかり忘れてたけど、確かにああやって作ってきたし、作り方は変わってないなあ、と思った。
ブログは備忘録としては、役に立つね!

No title

> なおとさん

歌詞を綴るというのは、自分自身をさらけ出す行為ですから、恥ずかさもありますし、自分自身と向き合うことになるので、すごくパワーのいることでもあります。
一曲一曲が自分の分身のような感じです。

来年には睡蓮のオリジナル第一号が、お披露目できると思います♪
プロフィール
2012年7月結成。シンの繊細かつ多彩な表現力に溢れたギター、透き通る久美の歌声を 武器に、ジャンルにとらわれない選曲で、カバー曲にオリジナル曲を交えながらお贈りします。

SIN&KUMI

Author:SIN&KUMI
ポップでロックなアコースティックデュオ KUMI : Vo&G / SIN : Vo&G

LIVE INFO
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
SUIREN
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。